臨床研究に関する情報公開について(オプトアウト)

臨床研究に関する情報公開について

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。
臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき対象患者さんから直接同意を取得する代わりに、研究の目的を含めて情報を公開し、更に拒否の機会を保障する方法があります。このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。

なお、研究への協力を希望されない場合や、臨床研究に関して知りたいことがある方は、下記担当にお知らせください。研究不参加を申し出られた場合でも、以後の診療において何らかの不利益を受けることはありません。

公開内容を確認する場合は、以下の研究課題名をクリックしてください。

「消化器内視鏡に関する疾患、治療手技データベース構築(多施設共同前向き観察研究)」

「レセプト及びDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究」

「重症下肢虚血症例に対する山形済生病院・下肢チームの介入による影響の検討」

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.