健康コラム

【健康百話】第7話  高血圧について

 

内科(循環器)  池田 こずえ 医師

 

Q.高血圧になったら、必ず薬を飲まなければいけないのでしょうか?
また、高血圧の薬は、一度飲んだら一生続けなければならないのでしょうか?
 

A.高血圧になると、頭痛・肩こり・めまいなどの症状が出ることもありますが、大半の方は血圧が高くても特に症状は感じません。高血圧を治療する目的は、このような症状を無くす
ためではなく、高血圧のために脳・心臓・腎臓などの大事な臓器が障害されるのを防ぎ、脳出血・脳梗塞・心筋梗塞・腎不全などの発症や再発を防ぐためなのです。
 2004年に日本高血圧学会でまとめられた「高血圧治療ガイドライン2004」では、血圧の分類(表1)は、なるたけ血圧を低めにして臓器障害を防ごうという主旨で「至適血圧」(最も良い血圧)を収縮期血圧120mmHg未満、かつ拡張期血圧80mmHg未満としています。「高血圧」は、収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上です。「至適血圧」と「高血圧」の間に「正常血圧」、「正常高値血圧」の分類があります。(自宅で測る家庭血圧は、診察室の血圧よりも低いのが普通であり、収縮期血圧135mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上を高血圧とします。)
 
表1 成人における血圧値の分類

分類 収縮期血圧
拡張期血圧
至適血圧
<120
かつ
<80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130〜139 または 85〜89
軽症高血圧 140〜159
または
90〜99
中等症高血圧 160〜179 または 100〜109
重症高血圧 ≧180 または ≧110
収縮期高血圧  ≧140  かつ  <90

 重症高血圧(収縮期血圧180mmHg以上、または拡張期血圧110mmHg以上)の方や、臓器障害・心血管病・糖尿病のある方はすぐに降圧薬で治療を開始しますが、それ以外の高血圧の方は、原則として、まず生活習慣の修正(表2)を行って、それでも収縮期血圧140mmHg未満、かつ拡張期血圧90mmHg未満にならないときには降圧薬を開始します。

表2 生活習慣の修正項目

1) 食塩制限6g/日未満
2) 野菜・果物の積極的摂取*コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える
3) 適正体重の維持:BMI(体重(kg)÷[身長(m)]2)で25を超えない
4) 運動療法:心血管病のない高血圧患者が対象で、有酸素運動を毎日30分以上を目標に定期的に行う
5) アルコール制限:エタノールで男性は20〜30ml/日以下、女性は10〜20ml/日以下
6) 禁煙
*ただし、腎機能障害や糖尿病をもつ人の場合は病状の悪化につながる
場合があるので、主治医によく相談すること。
正常高値血圧の方も、それ以上血圧が上がらないように生活習慣の修正を行います。また、降圧薬を飲んでいる方も生活習慣の修正は継続して行います。もちろん、この血圧は目安で、年齢や合併する病気などで治療の目標値が違ってきます(表3)。

表3 降圧目標

  • 高齢者(60歳以上)140/90mmHg未満
  • 若年・中年者130/85mmHg未満
  • 糖尿病患者・腎障害患者130/80mmHg未満



血圧の薬は、絶対にやめられないものではなく、十分血圧が下がれば、主治医の指示によって休んだり、やめたりもします。その場合も生活習慣の修正は続けます。ただ、血圧が高い時期が長く続いた方では、ある程度の臓器障害が起きていて、すっと薬を続けるのが良い場合が多いです。
 高血圧の薬(降圧薬)は種類も多く、副作用のほとんどない薬が数多くありますので、必ず自分にあった薬・量が調節できます。「薬を飲みましょう」と言われた方は、心配せずに薬を開始してみましょう。

池田 こずえ 医師


昭和33年生まれ
出 身 地  山形県村山市
最終学歴 山形大学大学院 医学研究科卒業
職  歴   平成7年 済生会山形済生病院入職
専 門 医  日本循環器学会  認定循環器専門医
     日本内科学会認定内科医


Page Top ▲     


LinkIcon健康コラム インデックス