小児科は昭和32年に併設され、諸先輩のご努力と幾多の変遷を経たのちに、平成7年の新病院開設時に山形大学小児科学教室の協力を得て、山形県内で初めての新生児集中治療室(いわゆるNICU)を設置し、山形県の周産期治療の一翼を担えるよう努力しております。
出生率の低下・少子化の中で、ハイリスク新生児は増加しています。特に産科医療の進歩で、多胎児や超低出生体重として出生する児は多く、県内最初のNICUとしてその役割と責任は大きいものと考えております。
NICUを主体として発足した小児科のため、一般小児科としての入院設備はなく、外来診療も小児の発育・発達・健康といった成育・健康小児科学の分野を中心に行っております。今後も、これからの未来を担う子供たちに対して、NICUを母体として力を注いでいきたいと考えております。
上で述べましたように、当小児科はNICUを主体として診療しております。出生後に何かトラブルのある赤ちゃんはまずご一報下さい。また、乳幼児診断や診療で発育・発達等に問題がありそうな時にも外来にご紹介下さい。風邪等の一般疾患は午前を中心とし、午後は乳児健診を行っています。当院の形式として御了解いただければ幸いです。

出生間もない児についてはNICU直通TEL023-682-0133
発育発達等については小児科外来(内2140)まで

 


 

赤羽 和博(S63年医師免許・医学博士)

 
日本小児科学会〔小児科専門医〕
日本周産期・新生児医学会〔暫定指導医・周産期専門医(新生児)〕
日本周産期・新生児医学会〔新生児蘇生法インストラクター〕
日本新生児成育医学会
新生児学
医師臨床研修指導医
 


齋藤 恵美(H4年医師免許)

 
日本小児科学会
日本周産期・新生児医学会
日本新生児成育医学会
日本小児神経学会
新生児学
 


須藤 陽介(H15年医師免許)

 
日本小児科学会〔専門医〕
日本周産期・新生児医学会〔専門医〕
日本新生児成育医学会
 


青木倉揚(H21年医師免許)

 
日本小児科学会〔専門医〕
日本周産期・新生児医学会
日本新生児成育医学会
 


上村雄太(H26年医師免許)

日本小児科学会
 



 

小児領域の一次診療

乳幼児の育児相談


Page Top ▲     



LinkIcon健康コラム インデックス