【ME機器管理室の紹介】

 
近年、医学・医療技術の進歩に伴い多種多様の医療機器が用いられるようになりました。臨床工学技士は、人の呼吸、循環、代謝等の機能の一部を代替し、又は補助する医療機器を医師の指示の下に操作、および保守点検を行う専門医療職種です。当院では12名の臨床工学技士が、他部門と協同し医療機器を用いたチーム医療の一員として安全・安心な医療提供に努めています。
 
ME機器管理室業務
1.中央管理業務(医療機器の保守点検等)
2.保守管理業務
3.人工心肺及び補助循環業務
4.心臓カテーテル検査業務
5.血液浄化療法業務
6.人工呼吸器業務
7.高気圧酸素療法業務
8.ペースメーカ業務


 
当院では院内で使用されるシリンジポンプ、輸液ポンプなどの医療機器は中央管理を行っています。中央管理とは臨床工学技士が中心に医療機器の貸出し、使用後の保守・点検・修理、機器稼働状況の把握などを行うことです。中央管理を行うことで医療機器を安全に管理でき、効率的で適切な運用ができます。
 

 
臨床工学技士は医療機器を患者さんへ安心・安全に使用出来るよう、機器ごとに定期保守点検を計画的に行い機器の性能維持に努めています。
 

 
心臓手術の際は心臓と肺を停止させる必要があります。心臓を停止すると肺で酸素化した血液が全身へ送ることができなくなります。この機能を代行するのが人工心肺装置です。一度人工心肺が開始すると手術が終わるまで人工心肺を停止することは出来ません。また、心臓の動きが悪い場合は、心臓の機能が回復するまでIABP(大動脈バルーンパンピング)、PCPS(経皮的心肺補助装置)など補助循環を行う場合があります。これらの装置の操作および保守点検を行っています。
 

 
心臓カテ-テル検査では、心臓の機能を検査する左心・右心カテ-テル検査、大動脈造影、心臓に栄養を送る血管を検査する冠状動脈造影があります。また、治療では内科的治療の経皮的冠動脈形成術や冠状動脈内ステント留置術も行っています。これらの心臓の内科的検査、治療において臨床工学技士は生体情報の監視、計測、解析などをはじめとする生命維持管理装置の操作を行っています。
 

 
血液浄化療法には急性期疾患に対する治療(持続緩除式血液浄化法、エンドトキシン吸着療法、血漿交換療法など)や、慢性期疾患に対して行う人工透析があります。急性期疾患に対しては臨床工学技士が円滑に治療を行えるよう準備から装置の操作、管理などに携わっています。人工透析業務では装置の管理、治療液の水質・濃度管理など安全に治療が行えるように従事しています。
 

 
人工呼吸器はさまざまな原因によって自己の呼吸では十分な換気が行えなくなった際に、換気を補助または強制的に行う器械で、ベンチレータともよばれています。臨床工学技士は院内の人工呼吸器の保守管理、使用中の安全点検、呼吸器回路交換等の業務を行っています。
 

 
高気圧酸素治療装置を使用し、高濃度の酸素(100%)と高圧環境(2気圧)の下で、体内の溶存酸素量を増加させることによって、様々な効果を期待した治療です。使用する診療科もさまざまで、適応疾患は一酸化炭素中毒、脊髄障害、腸閉塞など多岐に渡っています。当院では第1種治療装置(1人用)を1台保有し、緊急時にも対応しています。
 

 
ペースメーカとは、脈の遅い患者さんの心臓をサポートする医療機器です。臨床工学技士はプログラマーと呼ばれる専用装置を用いてペースメーカ植込み手術時、外来受診時など最適な設定条件へと変更しています。また、ペースメーカを植込んだ患者さんへのMRI撮像時の設定変更も行っています。その他、電話回線と専用送信機を用いて、自宅に居ながらペースメーカのデータや生体情報を病院に送り、監視するシステム(遠隔モニタリングシステム)の情報管理を行っています。
 

専門認定士について
 臨床工学技士の仕事は医療機器の専門職であり、時代と共に変化し、高度な工学知識、臨床技術が求められる時代へと変わって来ています。当院におけるスタッフは専門性の追求として多岐にわたる認定を取得し、安全、安心の臨床業務提供に努めています。

〈取得状況〉

  • 体外循環技術認定士 2名
  • 透析技術認定士 3名
  • 3学会合同呼吸療法認定士 2名
  • 臨床高気圧酸素治療技師 1名


LinkIcon健康コラム インデックス