看護部長メッセージ

山形済生病院看護部の理念は、「私たちは、済生会の創立の精神『施薬救療』に則り、対象となるすべての人々の尊厳および権利を尊重し、温かみのある個別的な看護を提供します」とあげています。
「施薬救療」の精神とは、社会的弱者をはじめ、すべての人々に保健・医療・福祉をいきわたらせる救済の心です。私たち看護職は、息者さんに安全で安心な医療を提供するために、医療チームの一員として責任を持つて他職種と協働するとともに、息者さんに最も近い存在として息者さんの意思決定を擁護し、息者さんがその人らしい生活を送れるように支援しています。そして、息者さんの退院後の生活を見据えて、訪問看護ステーション・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設と連携して、地域に密着した看護を提供することを心がけています。
また、看護部の人材育成として、全看護職の教育ニード・学習ニードを調査した診断結果に基づいた継続教育プログラムを提供しており、看護職一人一人のキャリアアップを応援しています。看護部職員が「ともに学び、ともに育つ」ために教育体制を整え、「自ら学び、自ら育つ」ことのできる自律的な看護職として成長できるように支援しています。

認定看護管理者
看護部長 高橋 千晶

山形済生病院看護部理念

《理念》

私たちは、済生会の創立の精神「施薬救療」に則り、対象となるすべての人々の尊厳および権利を尊重し、温かみのある個別的な看護を提供します。

《基本方針》

1.看護者*は、患者・家族の自立に向けて、個々にあった日常生活動作の援助を行います。
2.看護者は、患者・家族の意思をふまえ、看護の専門知識と技術を用いて、診療の補助を行います。
3.看護者は、目的を持って計画的に看護過程を展開し、安全で質の高い看護を提供します。
4.看護者及び看護補助者は、患者・家族の抱える問題の解決に向けて、医療チームの一員として責任を持って協働します。
5.看護者は、保健・医療・福祉との連携を図り、地域**で安心して生活できるよう支援します。
6.看護者は、看護の経済性***を考慮し、効率のよい看護を提供します。
7.看護者及び看護補助者は、来院された方々への気配りを大切にして、にこやかにお迎えします。
8.看護者及び看護補助者は、患者・家族の思いに心を寄せて話を聞きます。
9.看護者及び看護補助者は、個人のプライバシーを守り、情報の漏洩防止と適切な情報開示に努めます。
10.看護者は、進歩発展する医療・看護に対応できるよう自己研鑽に励み、最近の動向や情報を積極的に入手し、最良の看護を提供します。

*看護者とは、看護職の免許によって看護を実践する権限を与えられた者である。
**地域とは在宅、地域の医療機関、介護施設などを言う。
***看護の経済性とは、単に利益の増減に着目するのではなく、提供される看護の質に対する費用対効果を考えることである。

この山形済生病院看護部の看護理念・基本方針は「済生会看護理念」
「済生会山形済生病院憲章」「患者さんの権利と責任」をもとに明文化した。
平成 6年10月 作成
平成19年10月 見直し
平成21年12月 見直し
平成22年10月 見直し
平成25年11月 見直し


看護部の教育体制



山形済生病院看護部の教育理念・教育目標



<教育理念>
看護部理念の実現に向けて、看護実践ができるための人材育成を行い、
一人一人の 自己啓発に対して支援を行う。

<教育目標>
1.看護の専門的知識・技術・態度を習得し更に積み重ね、臨床実践能力を向上させる。
2.組織の中で自己の立場を認識し、その役割に自覚と責任が持てるように育成・強化
  する。
3.自己研鑽・自己啓発ができるよう環境を整え、支援する。
4.誰にでもよい印象を与える接遇を身につける。
5.心を寄せて患者・家族の話をよく聞き、患者・家族の状況を尊重して受け止める
  態度・言動・雰囲気作りができる能力を高める。

山形済生病院看護部の院内教育の特徴

   
1.

 
山形済生病院看護部の院内教育は、2004年度に発足した看護部と千葉大学看護学部の共同プロジェクトにより開発されており、従来の院内教育を基盤にさらに精度の高い構造を備えている。
2.
 
教育ニード、学習ニードの診断結果に基づき、山形済生病院に就業する看護職員の現状にあったプログラムから構成されている。
3.
 
経年別・役割別プログラムを主軸に据え、職種別・全看護職員型・病院全体型プログラムを組み込んでいる。
4.
 
 保健・医療チームの調整役を担うために問題解決能力の向上を目的として、リーダーシップ研修Basic・Intermediate・Advance を段階的に提供する。
5.


臨床看護師として理論と実践を結びつけ科学的根拠に根ざした看護を実践するために、看護研究研修を研究計画書の書き方からアンケート調査方法、データ分析法、そして研究のまとめ方とステップアップして学べる研修を提供する。
6.



 
 科学的な根拠に基づき各々の役割遂行上の問題解決に必要となる知識・技術・態度の習得を目的とし、臨床経験4年目以上の看護師を対象とした自由選択コース「業務改善コース」「 研究成果活用コース」「教育・指導コース」を提供する。また、最新の情報を得、看護実践や看護研究に活用するため、発表の有無に関わらず学会への参加を推奨する。
7.

 
基礎教育年代看護師のアセスメント能力向上を目指し、フィジカルアセスメント研修は昨年より2項目追加し「呼吸」「循環機能障害」「脳」「心電図」「がん化学療法」を提供する。

※看護師・助産師以外の看護補助者も上記内容に準ずる。

LinkIcon継続教育プログラム

各看護単位の紹介


当院の外来には1日約700名前後の患者さんが受診をされています。慢性期で病状の安定した患者さんの他に、急性期で救急搬送される患者さんまで様々な病状の患者さんがおり、限られた時間の中でより安全に的確な治療や検査を受けていただくために、いくつもの職種の医療従事者が連携し合い、協力し合っています。また在宅療養においては、多くの患者さんが自己管理を必要とされており、その指導を行うことも外来看護師の大きな役割の一つです。
看護外来ではストーマ外来や禁煙外来、プレママ外来や助産師外来などの他に糖尿病ケア外来などを行い、看護の専門性の向上に努めております。さらに外来化学療法室と不妊外来・ストーマケア外来にはそれぞれがん化学療法認定認定看護師と不妊症看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師がおります。がん化学療法認定看護師は、がんカウンセリングを医師と共に面談に入り、患者・家族の精神的なサポートを行います。不妊症看護認定看護師は、治療や検査の情報提供と治療法選択のための意思決定支援を行っています。
ストーマ外来では、手術によりストーマを造られた患者のさまざまなケアを行っており、皮膚・排泄ケア認定看護師は日常生活をより快適に過されるよう継続的にサポートを行っています。

中央部門Aは、放射線部・採血採尿室・健診センター・PET/CTセンターの4つの部門を担当し看護業務を行っております。放射線部では、頭部血管造影・心臓カテーテル検査、血管内手術(ステントグラフト)、透視下検査が行われ、治療、検査の介助を行います。採血採尿室では、外来患者1日約200名の検体採取、自己血採血室では処置介助を行っております。健診センターは、健診、人間ドッグ、脳ドックの受診者の世話は基より、特定保健指導なども行っております。PET/CTセンターは、県内に数少ない、がんの診断を目的する設備として、県内の健診者、他院からの患者様が受診にこられます。検査の説明、誘導、介助を行っております。 患者さんと接する時間は短いのですが、安心して検査、処置を受けて頂けるよう十分な説明と介助をさせていただいております。
 


人工透析室は、外来通院患者を対象とした血液透析を行っています。
患者さんの セルフケアを支援することが私達の一番大切な看護と考え、受け持ち制を取り入れ 生活指導やフットケアなど関わりを深めています。

【透析室の日常風景】               フットケアに力を入れています。
 
 

【オリジナルのパンフレット】
また、年1回は患者参加型災害訓練を実施しています。  危険防止のため全員ズックを履いています。
 

【災害訓練の実際】平成23年度 実施風景

手術室では8科(整形外科・外科・産婦人科・心臓血管外科・泌尿器科・眼科・脳神経外科・形成外科)の手術をしています。手術室は7部屋あり、そのうち2部屋がバイオクリーンルームになっています。平成22年度の手術件数は 3666件でした。そのうち、約半数が整形外科手術になっています。特に、人工関節手術に関しては、膝関節が全国 4位、股関節が 6位の手術件数になっています。手術室看護師の役割としては、器械出し・外回りの他、術前訪問・術後訪問を行い、カンファレンスの開催や、各科術前検討会へ参加し患者の個別性を考慮した看護に心掛けています。また、看護研究や勉強会・院外研修・学会などに参加し、常に向上心を持って、安全な手術看護が出来るように日々切磋琢磨しています
 


 

中央材料室の業務は、病院で使用された医療機器材の再生を行い、患者さんに安全に使用される器材として提供できるように、精度の高い処理を行う部所です。そのため 回収から 洗浄・乾燥・メンテナンス・セッティング・滅菌・仕出しまでの工程毎に感染予防管理はもとより、科学的なエビデンスを踏まえた業務を行っています。使用された滅菌器を始め、各機器の点検・稼働状況管理や科学的インジケーター・培養判定などを行い 滅菌の質の保障に務めています。
 

【洗浄】

【乾燥】


 

【セッティング】

【滅菌】


 

安全第一


ICU

 ICUは、集中的に治療看護を必要とする「内科系、外科系を問わず呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全の患者」「手術後に高度な状態管理が必要な患者」が入室する病室です。
 平成23年度の当院ミッション「仁」“愛と思いやりの医療を提供します”をモットーにチーム医療を大切にしています。常に医師、一般病棟看護師、リハビリ、臨床工学技士、医療ケースワーカーなどと連携を図り、患者中心の看護を目指しています。
 

 

 ICUには、心臓血管外科、外科、整形外科、脳外科、呼吸器・循環器内科、泌尿器科、婦人科など、各科の重篤な患者さんが入室します。それに備えて、ICU独自の教育プログラムを取り入れ、教育体制にも力を入れています。また、経験を問わず、自由に発言できる民主的な職場風土作りと、一人ひとりのキャリアアップを心がけています。
 

 

 

 NICUでは、超低出生体重児や多くの合併症を持った新生児が入院してきます。先端医療技術を駆使した救命の場であると同時に、早期からご両親の育児参加を行っており、ぬくもりのあふれた空間でもあります。新しい命を守りはぐくむため、日夜懸命に治療、看護を行っています。
生命維持装置が必要な入院直後から、ミルクが口から飲めるようになり、沐浴もできるようになり、体重が増え、無事にお父さん、お母さんの腕にお渡しできるまで一つ一つのケアは緊張の中にも希望に支えられています。退院した赤ちゃんが時々、NICUに立ち寄ってくれる姿をみると「こんなに大きく、元気になった」と思い、嬉しく胸が熱くなる経験ができる所もNICUのよさです。
必死に生きようとする小さな命、昨日とは違う成長を見る事が、私たちスタッフをどれだけ力づけ、なぐさめてくれるか、その力は計り知れないものがありますし、医療者も、また小さな命の大切さを教えられ、育てられていることを実感する毎日です。
 

3A

 

3B

3B病棟は産科病棟です。
5名の 産婦人科医師助産師28名 看護助手1名が働いています。


妊娠後期の妊婦さんや産婦・褥婦さん達、そして元気な泣き声と愛くるしい表情の赤ちゃんたちに囲まれて、明るく元気に日々頑張っていま〜す。
当院では年間約900人の赤ちゃんが誕生しています。
妊娠中から健康的に安心して生活が送れるよう、そしてまた安全に分娩ができるように,助産師による妊婦健診 (プレママ外来)、保健指導をする 助産師外来、妊娠時期にあわせた 各種母親学級、産後2か月の母児を対象にした 産後学級、母乳育児支援や乳房トラブルへの対応をする おっぱい外来などを行っています。
 
詳細は周産期センターのページへどうぞLinkIcon
 
4AB

 

5A

 

5B

 

6A

 

6B

 

7B

 

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師は、「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」という6つの役割を担いながら、主にがんを患った患者さんやそのご家族の支援を行います。
山形県では、がん看護専門看護師として初めて認定されました(現在は山形県内で2名のがん看護専門看護師が活動しています)。
がんを患うことで、患者さん・ご家族は様々な困難を経験されますが自らの力でその困難を乗り越えていくことができると言われています。しかし、それは適切な医療者の手助けがあってのことですので、がん看護専門看護師として患者さん・ご家族がご自身のより良い療養を可能にできるよう、生活面を中心に支援していきたいと思います。また、患者さんやご家族にとってより良い療養生活とは何かを医療スタッフと共に考え、実践していきたいと思います。

看護師  齋藤 智子
 

新生児集中ケア認定看護師

新生児集中ケア認定看護師は、新生児集中治療室(NICU)へ入院となる新生児とそのご家族のために最善のケアを提供する役割があります。NICUへ入院される新生児は、やむを得ず早産で出生し全身未熟な状態であり、また疾患があり出生直後より集中治療を必要とします。どの赤ちゃんも大変小さい体で治療を受け頑張っています。また、予期せぬお子さんの入院にご家族の方も大変おおきな不安を抱えていらっしゃると思います。NICUのスタッフと共に、新生児にとって健やかな成長発達が得られる養育の場になるよう、最初の親子関係が築かれる大切な場として望ましい環境が提供できるように日々努力しています。

主任看護師 片桐綾子

集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師は、過大侵襲(疾病・手術・外傷など)によって生命の危機的状態にある患者や集中治療・看護が行われないと危機的状態に移行してしまうことが予測される患者を対象に看護を行っていきます。そして、その家族も患者同様に心理的に危機的状態であることから、看護の対象は家族も包含しており、患者とその家族の擁護者として医療チーム内の調整的な役割も果たします。このような急性かつ重症な患者に対して、集中ケア(クリティカルケア)における専門的知識と技術を用いて、状態を的確にアセスメントし、合併症の予防と早期回復に向けた援助を行っていきます。
さらに、急性期医療における治療・看護の対象者は、集中治療室のみならず、一般病棟にも広がっています。人工呼吸器を装着している患者を対象とした呼吸ケアサポートチームとしての活動も行っています。チームで対象患者のラウンドを行い、カンファレンスによって合併症予防・早期離脱を目指した診療計画書を作成します。そして、退院後の生活をも見据えた早期介入を他職種と協働して行っていきたいと考えています。
 
呼吸ケアサポートチームは、呼吸器内科医師、理学療法士、臨床工学技士、新生児集中ケア認定看護師、慢性呼吸器疾患看護認定看護師、集中ケア認定看護師で構成されています。

副主任看護師 齋藤麻美

皮膚・排泄ケア認定看護師

ストーマ造設・褥瘡等の創傷および排泄に伴い生じる皮膚トラブルなどに対して、適切なスキンケアの指導・相談を行う認定看護師です。皮膚・排泄ケア分野における看護とは、看護の基本ともいうべき看護技術の「清潔」に密接したスキンケアが基盤となっています。
皮膚を健康に保つためのケアを理論的かつ実践的に行っていくためのスキルを身に付け、現在、病院で活動を行っています。
患者さんのQOL向上を目指し、いつでも、どこにいても、その人らしく生活ができるように支援していくことを目標がんばりたいと思います。
 

主任看護師 黒木ひとみ(写真中央)
 

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、皮膚・排泄ケア(創傷ケア・ストーマケア・失禁ケア)分野の専門教育を受けた看護師です。それぞれに共通することは、『スキンケアが基本』であることです。スキンケアは皮膚・排泄ケアのすべての領域の基本であり、健康な皮膚を維持する、皮膚障害の予防、皮膚障害が発生してしまった皮膚を健常な状態に戻すことが大切となります。また、排泄は人間にとって基本的なニーズのひとつであり、デリケートな部分です。精神面のケア、苦痛を与えないように看護していくことも大切だと考えます。その人らしさを重視した専門的な知識や技術を提供し、患者さんやご家族の生活の質の向上を目指し、日々頑張りたいと思います。
 

看護師  村山 智美

感染管理認定看護師

感染という視点から、患者さんや職員を院内感染から守るために、院内の全部署を横断した活動をしています。感染防止活動は1人ではできません。各部門のスタッフや院内感染対策看護部委員と共にチームを組み感染防止活動を行っています。具体的な活動内容は、院内感染サーベイランス(院内感染の監視や調査)や、院内ラウンド、院内感染防止のためのマニュアル作成、情報提供、コンサルテーションや病院に関わる様々な職員への教育・指導などを行っています。臨床現場において感染防止対策を推進し、安全で質の高いケアの実現を目指し、専門的サービスを提供していきます。
 

主任看護師 高橋 睦

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法を受ける患者様が確実・安全・安楽に治療が受けられるようにサポートすることを使命としています。がん化学療法は新しい薬の開発がめざましく、難しい言葉も多くありますが、患者様・ご家族様へわかりやすく説明し、納得して治療が受けられるようにサポートさせていただきます。また副作用による苦痛や生活スタイルの変化を患者様・ご家族様と共に考え治療を続けていけるように支援していきたいと考えております。

副主任看護師 田代 陽子

不妊症看護認定看護師

子どもを欲しいと思ってもなかなか妊娠しないと悩みまれている方、すでに通院し検査や治療を受けている方、将来子どもを希望されている方を中心に、相談・指導を行う認定看護師です。それぞれのカップルが、自分達らしい選択ができるように、様々な情報提供を行います。また、不妊治療後に妊娠された方の妊娠・分娩・育児の相談、治療を終結された方への治療後の選択肢の情報提供と今後のライフステージにおける健康指導など看護の提供を行っていきます。

副主任看護師 宍戸 由紀子

慢性呼吸器疾患看護師

慢性呼吸器疾患の患者様とその家族は、長い病期の中でさまざまな問題を抱えながら日々生活しています。安定期、増悪期、終末期における患者様とその家族のQOL向上に向けた援助を行っています。また、患者様やその家族が病状に応じた自己管理ができるよう、療養生活継続のための効果的な指導を行っています。入院中だけでなく、在宅においても問題を速やかに解決できるよう、リハビリ部門、薬剤師、栄養士、ソーシヤルワーカーや訪問看護師を含めた様々な部門とも連携をとりながら、より質の高い医療を提供いたします。

看護師 渡邊 健
 

慢性心不全認定看護師

慢性心不全認定看護師とは、慢性心不全の患者様に対して、心不全憎悪の回避や予防のためのケアを行うのが、おもな役割となります。
心不全とは心臓がポンプの役割を果たせなくなった状態のことをいいます。
一度悪くなった心臓をもとに戻すのは難しく、今の心機能がこれ以上悪くならないように治療していくことが大切です。しかし増悪予防が十分にできておらず、再入院が多いという現状があります。増悪を予防するには自宅での管理が重要になります。塩分や水分を制限したり、服薬の徹底、適度な運動を行う必要があります。これまでの食生活や生活習慣を変えるのは容易なことではありません。患者様の生活背景をよく理解し、どのようにすれば自宅で上手く管理していけるか一緒に考え支援していくのが私の役目です。再入院を減らし、患者様が自宅で自分らしく過ごせる時間が長くなるよう取り組んでいきたいと思っています。
 

看護師 鈴木 瑛子
 

緩和ケア認定看護師

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患を持つ患者とその家族に対して、早期から身体的、精神的、社会的苦痛やスピリチュアルな苦痛を緩和し最後の瞬間まで支え、患者と家族のQOL(生活の質)を改善するためのアプローチです。
緩和ケア認定看護師は、緩和ケアの目的に沿って生命を脅かす疾患を持つ患者と家族に対して、その疾患が身体的・精神的障害とならないように対処し、QOLの向上のために質の高い看護を実践しています。さらにすべての病気にわたって患者や家族の喪失・悲嘆に関わる適切な支援を行うことも重要な役割です。また、医療スタッフに対して、緩和ケアの実践に関する指導と相談を行い、緩和ケアの普及と看護の質の向上を目指し日々活動しています。
がんと診断された時から、治療時期、がんと共に歩んでいる間も、患者とその家族がその人らしく生活できるように心身の苦痛を積極的に緩和し、患者と家族だけでなく医療スタッフを支えていけるようになりたいと考えています。

5B病棟看護師 新宮 久子
 


LinkIcon健康コラム インデックス