ICT(感染制御チーム)


ICTとは…

Infection(感染) Control(制御する) Team(チーム)の頭文字をとったものです。

ICTとは、Infection Control Teamのことで、院内感染対策委員会に属する実働部隊です。院内各所の感染症発生状況を把握し、指導・管理を行うことを目的に、平成16年に結成されました。
ICTは、医師、薬剤師、検査技師、看護師、事務職員で構成されています。ICTメンバーの多くは兼務という形をとっていて、感染管理業務に協力しているものの、それぞれが別の専門の分野を持っています。ICT内でそれぞれの専門分野に基づいて役割分担が決められ、スムーズな感染管理が行えるような体制をとっています。院内感染対策看護部委員会とも連携し、その活動は多岐にわたり、院内感染制御の為、力を合わせて頑張っています。
済生会山形済生病院は地域の急性期病院であり、多くの感染症患者が診療の対象となります。感染症はその患者様だけの問題に留まらず、周囲の患者様・面会人・医療従事者などに伝播し、拡大する可能性があります。ICTは、適切な感染対策を行うことで、当院の患者様、患者様のご家族、職員、在宅ケアなどにおけるすべての人々を感染から守るため安全な医療環境を提供できる努力していきたいと考えます。


ICT活動内容

・月2回のミィーテング・週1回の病棟ラウンド
・細菌の分離状況の把握とフィードバック
・抗菌薬血中濃度モニタリング(TDM)の推進・指導 特定抗菌薬使用状況の把握・指導
・職員インフルエンザ発生状況の把握
・針刺し等の血流汚染対策
・血流感染サーベイランス
・感染対策に関する院内研修会の開催
・アウトブレイクの早期発見と対応
・院内感染対策マニュアルの作成・改訂
・地域連携病院とのカンファレンスと相互ラウンドの実施
・厚生労働省内感染対策サーベイランス事業への参加
・手指衛生指導

[ 院内感染対策研修会 ]
[ ICTラウンド風景 ] 手指衛生指導


LinkIcon健康コラム インデックス