当院は平成18年6月1日より、「DPC対象病院」となっており、DPC / PDPS制度に基づき、診療費を計算しています。

 

*DPC対象病院
厚生労働省が定めた一定の基準を満たす、高度な医療を提供する病院のこと。


DPC / PDPS制度とは、病気の種類と診療内容によって分類された「 DPC 」と呼ばれる診断群分類に基づき、あらかじめ国の定めた1日あたりの診療点数と出来高点数を組み合わせて計算する制度です。




包括評価部分のお薬や注射、検査を多く行っても1日当たりの医療費は変わりません。
1回の入院では、病気の分類は1つの病名で決定されることになっています。
最初に考えられていた病気とは異なる病気であると判明した場合または、治療する病気が追加になった場合には、この分類が変更になることがあります。
その際には、入院時にさかのぼって病気の分類が変わります。
 このように、途中で病気の分類が変わって医療費が変更になった場合には、入院時にさかのぼって医療費を調整させていただくことになりますので、
ご了承くださいますようにお願い申し上げます。

Q1 すべての入院患者がこの制度の対象となるのですか?
すべての入院患者に「包括払い方式」が適用されるわけではなく、病気の種類によっては、従来の「出来高払い方式」で医療費を計算するようになる場合があります。
この他、労災保険・自費診療・治験・先進医療等の方は従来の「出来高払い方式」になります。


Q2 高額医療費の扱いはどうなるのですか?
高額医療費制度の取扱いはこれまでと変わりません。


Q3 入院中に他医療機関で処方されている薬がなくなった場合はどうしたらいいですか
その都度、病棟看護師に申し出て下さい。
他の医療機関の受診を希望する場合も同様です。


LinkIcon健康コラム インデックス