紹介の患者さんへ

地域中核病院である当院の役割について


当院では、地域内における中核病院として、入院治療が必要な患者さんに対してより質の高い医療を提供する【急性期医療】を担当する病院を目指しております。

 現在、医療を取り巻く様々な制度の変化に伴い、当院と地域の各医療機関との【連携】や適切な【機能分担】が重要になっています。当院ではその窓口として医療連携室を設置しています。【連携】とは、地域内の診療所と診療所、診療所と病院、あるいは病院と病院が相互に円滑な連携をことであり、【役割分担】では、普段の健康管理や初期の治療などは診療所(かかりつけ医)の役割、専門的な検査・治療、入院や手術、早期リハビリなどは病院の役割となります。



かかりつけ医を持ちましょう
家族一人ひとりの体質・病歴を把握し、健康に関する相談に気軽に応じてもらえる「かかりつけ医」を是非持ちましょう。いざというときに、心強い味方になってくれます。また、専門的な診療が必要と判断した際には適切な医療機関・専門医を紹介してくれます。
生活の変化や高齢化の進展によって、がん・脳卒中・心臓病などの生活習慣病や慢性疾患が今後ますます増加することが予想されます。このような病気が深刻化する前に適切に予防するためには、日頃から身近な「かかりつけ医」に継続的に診てもらうことが重要となります。「かかりつけ医」は病気の治療だけでなく生活習慣改善などについても気軽に相談できたり、場合によっては往診したりと、皆さんにとって一番身近な医療機関と言えます。


紹介状をお持ち下さい
かかりつけ医からの紹介状には、患者さんの病状や診療経緯・検査結果など様々な情報が記載されており、かかりつけ医と当院を結ぶ大切な情報となります。当院の外来を受診する際は「紹介状」をできる限りお持ち下さい。

また、FAXによる診療予約も行なっておりますのでかかりつけの先生にお尋ね下さい。紹介状をお持ちでない患者さんは初診時に特別料金(1,500円税込)が必要となります。


LinkIcon健康コラム インデックス