みなさん、こんにちは。研修医のMです。
私の脳神経外科研医生活の一日をご紹介します。

PM 5:00
救急外来看護師長へ挨拶


救急当直の時は事前に、救急当直の看護師長に挨拶に行きます。挨拶と礼儀は社会人の基本であり、チーム医療の場においても非常に大切なものとなります


     


PM 6:30
夕食(検食)食事中
救急外来へ


当直時の食事は、患者さんと同じ給食をいただいています。食事中でも救急外来からの救急患者の搬送受入の連絡があります。連絡を受け、急いで現場に向かいます。


     

 

救急車で搬送されてきたCPAの患者さんを同期のM先生と一緒に処置します。研修医は日頃から救急処置の練習を行っています。日々の努力が現場での的確な判断につながります。


PM 1000 帰宅


     

  

AM 8:00
カンファレンス

(脳外科外来)


週に一度の朝のカンファレンス。新入院患者や術前患者のプレゼンを行います。


     

 
 

AM 10:00
教授回診


月に2回程度、山形大学から教授が来院し病棟総回診を行います。回診時には教授から直接ご指導を頂くことができ、貴重な勉強となります。


     


AM 12:00
休憩


同期の研修医は何でも話せる大事な仲間です。同期とは、日頃の悩み事などの相談もでき、お互い支えあいながら研修に励んでいます。


     

 

PM 1:00
手術


今日は、頚動脈内膜剥離の手術助手です。多くの手術を体験し、その中で様々な手技を学ぶ事ができるのが山形済生病院の良いところです。これまで執刀を、20件程度経験しました。


     

 

PM 3:00
アンギオ検査・外来

(放射線室・脳神経外科外来)


アンギオ検査は脳神経外科で基本的な検査の一つです。検査の全ての過程において、患者さんのバイタルサインや健康状態を注意深く観察しながら、集中してカテーテルを進めていきます。


     

 

PM 5:00
なでしこ懇親会参加

(ホテルメトロポリタン山形)


当院と連携していただいている開業医の先生方、当院医師との懇親会が定例で開催されています。
院内外の“先輩”と交流することができる貴重な機会です。


PM 12:00帰宅


Page Top ▲     


みなさん、こんにちは。研修医の佐々木です。
当院の研修プログラムでは、外科は選択必修科目であり、手術の基本的な知識や手技、術後管理までを学びます。今回は、私の研修医生活の一日をご紹介します。

AM 7:00
一日のスタートを切る


おはよう!
昨夜は当直で忙しく、睡眠時間も僅かだったけれど、さわやかな朝を迎えることができました。今日も一日、がんばろう。


     


AM 7:15
救急外来の師長より
急患の連絡が入る


「えっ、急患ですか!分かりました。今すぐ患者さんの元に伺います。」


     


AM 7:15
患者さんが待つ、救急外来へ


経験はまだ浅いですが、患者さんに対する責任感は、先輩方・上司の皆さんに負けていないつもりです。


     


AM 7:20
救急外来へ到着


患者さんへのファーストタッチは研修医の大事な仕事の一つです。緊張感のある現場では焦りも生じますが、冷静に判断することを常に心がけています。


     


AM 8:10
救急診療を終え、外科検討会の準備を始める


誰よりも早く到着し、準備を行います。
これも研修医の大事な仕事です。



Page Top ▲     


AM 8:15
外科検討会


入院患者の症例について、消化器内科と外科の先生方を交えて合同検討を行います。


     


AM 9:30
外科病棟朝回診

 指導医の先生方と一緒に入院患者さんの回診を行い、診断や治療方針を決定します。


     


AM 9:30
外科病棟朝回診


指導医の指導のもと、患者さんに必要な処置や検査を行います。


     


AM 9:45
担当の患者さんを診察


「体調はいかがですか?」
「痛いところはありますか?」
しっかり声をかけ、反応を確かめます。
疾患だけを診ることなく、「患者さん」を診るよう常に努めています。


     


AM 10:30
手術(幽門側胃切除)


助手として様々な手術に立ち会います。
緊張感を保ちながら冷静に対処し、無事に手術を終えることができました。



Page Top ▲     


PM 1:30
コーヒーブレイク


午後からの手術を控え、気が張りつめている私へ、突然ドスンと音がしました。(笑)
笑顔のまぶしいM先生です。
おかげで緊張がほぐれました。
やっぱり、同期は頼もしいですね。


     


PM 2:30
手術(左乳房切除)


助手として手術に立ち会う中、様々な手技を教えてもらいます。指導医のきめ細やかな指導のもと、多くの手術を実践することで日々レベルアップできる環境が整っていることが山形済生病院の大きな魅力です。


     


PM 5:30
研修医スペースにて自習


研修医は指導を受ける立場にありますが、一人前の医師となるためには「自立」することが何よりも重要です。
臨床力を高めるため、自己研鑚に励みます。
継続は力なり。僅かな時間も大切にします。


     


PM 7:00
同期・先輩・上司の先生方
との親睦会


将来の夢から私生活まで、何でも気軽に話せる素敵な同僚に恵まれています。
お酒も交えながらONとOFFをしっかり切替え、心身共にリフレッシュできる貴重なひとときです。


     


PM 10:00
帰宅


楽しいひとときも終わり、解散です。
明日は今日よりよい医療を届けたい。
熱い想いと充実感を胸に今日も一日を終えることができました。
明日も一日、がんばろう。



Page Top ▲