クリックでそれぞれの月へ↑
 

研修内容

感想

4/1(火)

辞令交付

新採用職員研修

4/2(水)

医局会

新採用職員研修

4/3(木)

新採用職員研修

4/4(金)

新採用職員研修

4/7(月)

整形朝回診

新採用職員研修

BLS講習会

4/8(火)

整形術前検討会

ME実習

放射線部実習

4/9(水)

薬剤部実習

電子カルテ操作説明

当院の臨床研修について

4/10(木)

病棟日勤実習

4/11(金)

注射法・輸血法

4/12(土)

病棟夜勤実習

4/14(月)

リハ部実習

めぐみ見学

医療相談について

めぐみ見学で少しだけ体操に参加したが、とても疲れてしまい、体力作りの必要性を感じた。

4/15(火)

呼吸器内科研修開始

病棟回診

血ガスの採血

処方

RSTミーティング

初めてのことばかりで緊張したが、先生方がやさしく教えてくれるので少し安心した。

まだ初日で、何をやりたいのかも分からない状況だが、早く見つけて少しでもたくさんのことを経験できるようにしたい。

4/16(水)

病棟回診

気管支鏡検査

PICCカテーテル挿入の助手

病棟カンファレンス

少しだけ気管支鏡を持たせてもらったが、すごく緊張した。久しぶりに清潔操作をしたのでオドオドしてあまり動けなかった。

4/17(木)

病棟業務

検査部実習

今日は胸腔穿刺の助手をした。エコーのあて方が難しかった。

4/18(金)

新入院検討会

気管支鏡検査

担当の患者さんのプレゼンをした。とても緊張してうまく話せなかった。もっとスムーズにプレゼンできるようになりたい。

4/19(土)

病棟

休日の業務がどのようなものか分かった。

4/21(月)

病棟業務

緩和ケア回診

ICUで挿管している患者さんの担当になった。人工呼吸器の設定や鎮静の仕方などを学んでいきたい。

4/22(火)

病棟業務

胸腔穿刺の助手

RSTカンファ

バーチャルナビ作成

胸腔穿刺の機会があったが、肋間が分かりにくいということでやることは出来なかった。

実習中にやりやすい患者さんが来たらやってみたい。

4/23(水)

病棟業務

気管支鏡検査

病棟カンファレンス

新しく不明熱の患者さんを担当することになった。鑑別疾患がすごくたくさんあるので、とても勉強になる。

4/24(木)

採血

病棟業務

胸腔穿刺

初めて患者さんの採血をやった。

年配の人は皮膚のシワが多かったり、血管が硬かったりで非常に難しかった。

これからたくさんの経験をして慣れていきたい。

4/25(金)

学会参加

日本呼吸器内科学会(大阪市)4/27まで

4/28(月)

採血

病棟業務

(胸腔穿刺、CV挿入)

緩和ケア回診

今日は初めてCVカテーテルの挿入をやらせてもらった。何度も見学していたり、マニュアルを読んだりしていたので手順は分かっていたつもりだったが、いざやってみると、もたついてしまい、うまくできなかった。

経験が大事だと実感した。

4/30(水)

病棟業務

ブロンコ

JPTECの練習

今日は初めてJPTECの練習に参加した。

今まであまりなじみがなかったので、全然出来なかった。講習の日までにもっとたくさん練習しないといけないと思った。

 

研修内容

感想

5/1(木)

病棟業務

ムンテラ同席

胸腔ドレーン挿入

今日はシビアな患者さんのムンテラに入った。家族からの厳しい要望に答えたり、うまく説明するのがすごく難しいと感じた。

5/2(金)

病棟

検討会

総回診

開胸術

今日は膿胸の患者さんの開胸術に入らせてもらった。久しぶりの手術だったのですごく緊張した。縫合の仕方も全然わからず、あたふたしてしまった。縫合セット欲しい。

外科を回る前に練習したい。

5/3(土)

日直

今日は初めての日直だった。

自分で考えてオーダーを出したり、患者さんの問診をとったりするのが楽しかった。徐々に処方するものなども覚えていきたい。

5/7(水)

病棟業務

当直

今日は初めての当直だった。

夜中に来る患者さんの独特の雰囲気を味わった。とても疲れた。

5/8(木)

病棟業務

胸腔ドレーン挿入

胸腔穿刺

今日は初めて1人でドレーンを入れたり、胸腔を穿刺したりした。何回か見学していたので、手順などはスムーズに出来た。

5/9(金)

病棟業務

5/10(土)

研修医勉強会

JPTEC練習会

2回めのJPTEC練習会だったが、前回覚えたことがあまり出来ていなかったので、本番までもっときちんと練習しないといけないと思った。

5/12(月)

採血

病棟業務

緩和ケア回診

重症肺炎による肺血症の治療について自分で考えることができた。(ガイドラインをもとに)CVを抜去した。

5/13(火)

病棟業務

RSTカンファ

当直

当直で入院となった患者さんが4人いた。

また、帰してしまった患者さんが次の日外来を受診して入院となった。入院させるかどうかの判断は難しいと感じた。

5/14(水)

病棟業務

ブロンコ

キャンサーボード

研修医勉強会(漢方)

今日はブロンコを抜くだけでなく、太い部分に少し入れてみた。体全体を使ってやるのがイマイチまだよくわからない。

5/15(木)

病棟業務

CV挿入

胸腔ドレーン挿入

初めて胸腔ドレーンを1人で入れた。

少し時間はかかってしまったが、1人でできたことがすごく自信になった。

また、エコーガイド下での

大腿VからのCV挿入をやった。左手でエコーを動かしながら右手だけで穿刺するのが難しかった。

5/16(金)

検討会

病棟業務

臨床研修評価受審日

臨床研修評価を受審

あんなにたくさんの人の前で発表すると思っていなかったので、すごく緊張した。

どっと疲れた。

5/17(土)

JPTEC

5/19(月)

病棟業務

採血

胸腔ドレーン挿入×2

緩和ケア回診

当直

ドレーンを準備の段階からすべて1人で出来るようになった。すごく自信がついた。

救急などでやれる場面があったら積極的にやっていきたいと思う。

5/20(火)

内科検討会

病棟業務

今日は高齢者の輸液や栄養について学んだ。

いろいろ考えて実施されていることが分かった。

5/21(水)

病棟業務

ブロンコ

今日はブロンコを入れるところから、正常な側の肺を観察し、抜くところまでやった。

とても緊張したけど、とてもおもしろかった。

全身を使ってカメラの位置を変えるのがすごく難しかった。

5/22(木)

学会参加

日本整形外科学会(神戸市)〜5/24まで

いろいろな講演を聞けてすごくためになった。特に山中教授の講演はすばらしかった。

本当によい経験ができてよかったと思う。

5/26(月)

内視鏡

ERCP

病棟業務

今日から消化器内科。

新しい環境で緊張するが、今まで学んだことを生かしつつ新しいことをたくさん学んでいきたい。また、担当の患者さんを1から把握するのが大変。

5/27(火)

エコー

腹水穿刺

PEG交換

病棟業務

回診

当直

初めて腹水穿刺をやった。

見たこともなかったが、なんとかうまく出来た。機材の準備の段階から1人で出来るようにならないといけないと思う。

5/28(水)

内視鏡

エコー

病棟業務

自分で腹部エコーをやってみた。

膵臓を抽出するのがすごく難しかった。

5/29(木)

病棟業務

エコー

ドックの患者さんはお腹が出てる人が多いので、エコーをするのがすごく難しかった。

初めてコロノCTを見学した。画像構成にも

参加した。とても鮮明な画像が得られて医学の進歩はすごいなと思った。

5/30(金)

病棟業務

内視鏡

VE

CFの練習

院内講演会

今日は、福井大学の寺澤先生の講演会があった。講演はとてもおもしろく、役にたつものだと思った。これからはいろんなことを

「信じないで」自分なりに頑張っていこうと思う。

5/31(土)

病棟業務

研修医勉強会

今日の勉強会では、座学だけではなく、実際の膝の診察の練習もした。

普段の外来中などは中々ゆっくり教えてもらう時間がないのでよかったと思う。

他の分野もこういうことをやりたい。



 

研修内容

感想

6/2(月)

病棟業務

内視鏡

内視鏡検討会

当直

今日は末期癌患者の麻薬の使用法について学んだ。これで少しでも患者さんの苦痛が和らいでくれるといいと思う。

6/3(火)

病棟業務

エコー

PEG交換

筋ジスの患者さんの空腸ろう造設を見学した。本人も大変だが、支える両親も本当に大変だと思った。

6/4(水)

病棟業務

往診(ながまち荘)

施設にVEの往診に行った。

病院側の立場として指導する目的で行ったが、実際には施設の方の熱意や勉強に対する姿勢を目の当たりにして、いい刺激を受けた。

6/5(木)

消化器検討会

エコー

ESD

ERCP

病棟業務

外科と合同の検討会で初めてプレゼンしたが、外科的に求めていることをうまく説明できなかった。手短にうまくプレゼンできるようになりたい。

6/6(金)

病棟業務

内視鏡

VE

機械屋さんから新しいPEGの製品について説明をしてもらったが、実際使ったことも見たこともなかったので、全然わからなくて辛かった。

6/7(土)

病棟業務

研修医勉強会

東北呼吸器疾患エキスパートフォーラム(TREF)福島

TREFでは、討論形式の今まで参加したことのないような会でとても勉強になった。

 

6/9(月)

病棟業務

内視鏡

内視鏡検討会

CFを抜きながら観察するところをやらせてもらった。モデルで練習した時よりもすべりやすく、抜けないようにするのに必死だった。

また、ルーメンを正面に出すのが難しく、一度見失うとどうしていいか分からなくなった。先生は簡単そうにやっているが、やはりすごく難しいなと思った。

 

6/10(火)

病棟業務

エコー

ERCP

PEG交換・造設

今日は初めてPEGの造設を見学した。

腹腔と胃を糸で固定するという1つの手技にも3つくらい意味があって奥が深いなと思った。

 

6/11(水)

病棟業務

内視鏡

キャンサーボード

キャンサーボードでの記録係は研修医の役目だが、抗がん剤や放射線の知識がない中でポイントをしぼって記録するのはすごく難しいと思う。

 

6/12(木)

病棟業務

エコー

消化器検討会

CPC打ち合わせ

今日も何人かエコーをやらせてもらった。

膵臓を固定できるようになってきた。

 

6/13(金)

病棟業務

内視鏡

VE

今日はICUに入院になった患者さんが透析を開始することになった。いつ始めるかの判断は非常に難しいと思った。

 

6/14(土)

病棟業務

劇症肝炎の重症な患者さんを担当することになった。多臓器不全でどうしたらよいか全く分からないので、きちんと勉強しようと思った。

 

6/16(月)

病棟業務

内視鏡

今日、DICの患者さんの血ガスを鼠径部から採ったらヘマトーマができてしまった。

DICの人は本当に血が止まらないものだと実感し、きちんと圧迫しなければならないと身をもって学んだ。

6/17(火)

内科検討会

エコー

病棟業務

PEG交換

夕方、PEG造設だけで入院した患者さんが

急に呼吸不全になった。

先生は「非がんターミナル」と言っていたが

本当にいつ何が起きるか分からないと実感した。

6/18(水)

病棟業務

内視鏡

当直

当直では、入院させるような状態でない患者さんから入院のお願い(特に家族)に対してどううまく説明するかが難しいと思った。

入院するつもりで病院に連れてきた家族を説得するのは容易ではない。

6/19(木)

病棟業務

エコー

PEG交換

CPC

今日は初めてのCPCだった。

今まで病理の結果までしっかり吟味したりする機会がなかったが、思ったより勉強になった。理想を言えば、生前から担当していた患者さんのCPCが出来ればもっとよいと思う。

6/20(金)

病棟業務

内視鏡

ランチョンセミナー

VE3

消化器の今まで4週間の間にたくさんのVEを見てきた。意思疎通ができない人でも、きちんと食べる能力があることに初めは驚いたが、今日の人はきちんと意思疎通もでき、食べる意志もあるのに食べれなかった。

見た目で嚥下障害の評価をすることの難しさ、VEの必要性を感じた。

6/21(土)

ITLS

2日間盛りだくさんな内容で、とても勉強になった。たくさんの症例のシミュレーションを体験して、実際に見たことのない症例でも

何かが起こりそうか、どう対処するかの基本的な流れを学ぶことができた。

今後の診療に役立てていきたい。

6/23(月)

病棟業務

内視鏡

検討会

薬剤説明会

劇症肝炎で昏睡状態だった患者さんが、抜管するまで回復した。誰もが半ば諦めている状況で、自分もそうなんだろうと思っていたが、予想外の回復に喜ぶとともに、人間の生命力に驚かされた。これからも、どんな状況でも諦めずに頑張っていこうと思えた。

6/24(火)

内科検討会

エコー

病棟業務

PEG交換

嚥下の勉強会

摂食・嚥下の勉強会では、心不全の病態から食欲不振への機序、その対策などを学んだ。

今まで、食べられないと言ったら消化管か咽頭・喉頭の問題だと思っていたが、心不全も原因として以外に多いこと、どういう徴候があれば循内に相談するかなど明確に教えてもらえたので非常に勉強になった。

6/25(水)

病棟業務

内視鏡

ERCP

当直

今日は初めてERCPでのエコーを見学した。

経腹エコーと違い、見え方が特殊なので、正常構造と理解するのにも苦労した。

当直では初めて挿管をしたが、2回トライして2回とも食堂挿管になってしまい、ヘコんだ。

6/26(木)

病棟業務

エコー

ESD

今日は若くてやせている人は必ずしも腹部エコーがやりやすい、見えやすい訳ではないことが分かった。そういう人は筋肉で腹壁が厚く、プローブを押してもびくともしなかった。

意外だった。

6/27(金)

病棟業務

内視鏡

ムンテラ

自作の胃モデルを使ってGIFの練習をしてみた。カメラのまがる方向や角度が自分の思ったようにいかず、とても難しかった。でも楽しかった。

6/28(土)

病棟業務

6/30(月)

病棟業務

内視鏡

PEG造設

PTGBT

今日はCFS状結腸まで入れてみた。

送気しながらカメラを操作するのがすごく難しかった。また、見ているだけでは分からなかったが、カメラを持つ右手はかなり握力を使って大変だった。


 

研修内容

感想

7/1(火)

病棟業務

エコー

PEG造設

結腸癌のterminalの患者が急変した。

ステロイド潰瘍から嘔吐したようだった。

先生はこの治療でよかったのか悩んでいたようだが、私としてはステロイドを使って倦怠感がおさまり、家族と話す時間が増えたのなら、多少寿命が縮んだとしても良かったのではないかと思う。

人の寿命に係る仕事は、正解がなく本当に一生悩む仕事だと実感した。

7/2(水)

病棟業務

ながまち荘往診(VE

ERCP

当直

今日は初めて患者さんのお看取りをした。

何と言ったらよいのか、ご家族にどう声をかけたらよいのか分からず、医者としてではなく、患者さん側になって一緒に悲しくなってしまった。こういう時はどうすべきなのか?

ただ単に経験を積むだけでいいのかわからない。

7/3(木)

病棟業務

ESD

小腸造影

ESDの介助を次を予想してスムーズに出来るようになってきた。

ただ今週で消化器内科も終わりなので非常に残念。

7/4(金)

病棟業務

内視鏡

ERCP

今日はクローン病の患者さんにムンテラした。何度も入退院を繰り返し、その度に仕事を休まないといけないのが、かなり苦痛なようで、奥さんもかなり苛立ってるようだった。

支える家族の支えになる人も大切だと思った。

7/5(土)

研修医勉強会

7/7(月)

病棟業務

今日から4週間腎臓内科。

DMから透析、リウマチ、不明熱、さまざまな患者さんがいるのでたくさん勉強したいと思う。

急性腎不全の症例を見てみたい。

透析導入のタイミングが分かるようになりたい。リウマチの治療をしっかり学びたい。

7/8(火)

内科検討会

病棟業務

外来

栄養部見学

今日は栄養部の見学に行った。

実際に食事を作る所や、どんなことに気をつけて献立が作られているかを学ぶことができた。特に栄養剤やおかゆ、ペースト食などを味見できて、これから患者さんに聞かれても答えられるようになることが本当によかったと思う。新人研修等でこれからもやっていったらいいと思う。

7/9(土)

病棟業務

当直

初めて透析時の穿刺をした。普通の点滴よりは血管が太くてやりやすかったが、針が太いので刺す時かなり緊張した。

7/10(木)

病棟業務

今日穿刺した透析患者さんは、スリルがすごく激しくて、本当に振動しているみたいだった。

シャントを作る所も見てみたい。

7/11(金)

病棟業務

漢方講演会

急性期疾患に対する漢方の処方の仕方を学んだ。あまりにも効くようなので使ってみたいと思う反面、少し疑わしいと思った。

7/12(土)

病棟業務

研修医勉強会(肩・松田先生)

肩の疾患はよく見るが、よくわからないことが多かったので、分かりやすい講義を聞いてとても勉強になった。

7/14(月)

病棟業務

今日は透析の穿刺に失敗した。

血管は太いが、針も太いし、何度も刺されているから皮膚も血管も固くて意外とうまくいかない。

7/15(火)

内科検討会

病棟業務

外来

救急勉強会

救急勉強会では、症状から疑うべき疾患、やるべき検査、コンサルトのタイミングなどを詳しく学ぶことができた。

特に南幅先生の診療のフローチャートは、救急外来に携わる人の共通認識として簡単にまとめられていて分かりやすいと思った。もちろん1人1人違う症例ではあるが、診療のある程度の流れができていることは非常に良いと思う。次回も楽しみ。

7/16(水)

病棟業務

今日は初めて内頚静脈からCVカテを挿入した。大腿静脈と手順は同じでも、首の凹凸や顎があるので全然違う手技のようでやりにくかった。手の置き所など、自分なりに工夫してやれるようになりたい。

7/17(木)

病棟業務

外来

救急勉強会

外来を見学すると、本当にたくさんの疾患があって、いろいろな患者さんがいることを実感する。それに対してうまく話す技術は、教科書からは絶対学べないことで、いい経験だと思う。

7/18(金)

病棟業務

当直

深夜こそ、変わった患者さんが来ることが多い気がする。なぜだろう。。。

7/22(火)

病棟業務

外来

外来で透析を頑なに拒否している患者さんがいた。何か強い思いがあるのか、よく分かってないだけなのかは分からないが、ただ単に説得するだけではなく、患者さんの背景や心情を読み取ることは大切だと思った。

ただすごく難しい。

7/23(水)

病棟業務

ミニレクチャー

救急勉強会

今日はミニレクチャーで「心腎症候群」について学んだ。聞いたことのない疾患だったが、病態もきちんと証明されていて、意外に多いということだった。まだまだ知らないことがいっぱいあるので、日々勉強が必要だと実感した。

7/24(木)

病棟業務

当直

今日、昨日ミニレクチャーを受けた心腎症候群の患者さんがICUに入院となった。

心不全の管理をするのは初めてなので、昨日学んだことを生かしてしっかりやりたいと思う。

7/25(金)

病棟業務

当直では、脳梗塞ではなさそうだけど、念のため・・・とCTを撮ったら脳腫瘍が見つかった。今まではあまり症状がはっきりしない時は画像上も異常ない症例しか経験したことがなかったが、こういうことがあるから救急はすごく難しいし、怖いと思う。

脳外科は回らない予定なので、当直などで積極的に学びたいと思う。

7/26(土)

研修医勉強会

(脊椎・伊藤先生)

実際の症例から脊椎のX線画像の読み方を学んだ。1つ1つの骨は小さいし、複雑な形をしているし、読影するのは非常に難しいけど

奥が深くておもしろいと思う。

7/28(月)

病棟業務

腎臓内科最終週。

やっと先生のやり方や病棟にも慣れてきた頃に終わってしまうのは残念だが、最後までできることはやりたい。

7/29(火)

病棟業務

外来

抄読会

抄読会では、今まで聞いたこともないような治療についての研究を学んだ。学生の時は英語の論文を読むことにすごく抵抗があったが、今は少しずつ医学英語も分かってきて、興味を持って読むことができた。

7/30(水)

病棟業務

ミニレクチャー

今日は利尿薬のミニレクチャーを受けた。

ラシックスは半等張の尿を排出するので、高Na血症も低Na血症も補正することができるという話にとても驚いた。電解質の原理は難しいが理解するとおもしろい。

7/31(木)

病棟業務

今日はステロイド骨粗鬆症の予防法について学んだ。ステロイドは魔法の薬と言われているが、ステロイドを飲むからといってその他に胃薬やらST合剤やらいろいろ飲まないといけないので、できれば飲みたくないと思う。


 

8/1(金)

病棟業務

今日、心不全の患者さんが急に意識障害になった。私はびっくりして焦ってしまったが何度か同じようなことがあったみたいでスタッフは笑いながら対応していた。いくら前にもあったからと言ってもあまりの緊張感のなさに拍子抜けした。

8/2(土)

勉強会

脳の急性期疾患について

8/4(月)

今日から糖尿病内科と

神経内科の研修スタート

病棟

糖尿病内科では診断の仕方、経口血糖降下薬、インスリンの選択・調節・合併症の検査などを学んでいきたい。

神経内科ではParkinson病・脳梗塞・認知症の治療について学んでいきたい。

8/5(火)

病棟

外来

DMの外来では、実際には(ガイドラインに従うと)DMとは診断できない症例でも患者さんに対して「あなたはDMです」ということによって本当にDMにならないように治療意欲を起こすという臨床的な診断を学んだ。

8/6(水)

病棟

Na血症で緊急入院になった人がいる。

いろいろなホルモンを検査したりするようだ。苦手分野なので、これを機にきちんと勉強したい。

8/7(木)

病棟

神経外来

DMカンファ

神経外来では、血圧コントロールの一般的なものから、Tolosa-Hunt症候群のようなめずらしい症例までたくさん来た。

目で見て症状や疾患が分かることが多いので

見学しているだけでもとてもおもしろい。

8/8(金)

病棟

DM外来

今日は内分泌の外来で、バセドウ病の診断と治療、妊婦さんの場合の特徴などを学んだ。

意外と妊婦さんを診る機会が多い。産科以外の視点から診るのは初めてなので、非常におもしろい。

8/9(土)

病棟

外来

SAHの術後の患者さんが持続インスリンをすることになった。その時は輸血に含まれる糖分を24時間同じにするための調節が必要らしい。いろいろ考えることがあって大変。

8/12(火)

病棟

外来

ミニレクチャー(脳波)

今日は脳波について学んだ。

今まで全然分からない、分からなくていいと思って避けてきたが、じっくり見ると画像では分からないてんかんの焦点が分かったりするので、意外におもしろいと思った。

やはり、マンツーマンで指導を受けると分からないことを何でも聞けるのでとても勉強になる。

8/13(水)

病棟

今日は本田先生も山口先生も不在だったので、入院患者さんの神経所見を取ったり、ゆっくり話を聞いたりした。うまく話せなかったり、麻痺がある人が多いので時間が欲しかった。こうやってゆっくり患者さんと向き合う時間があるといろいろやりたいこともできるのに、現実は厳しい。

8/14(木)

病棟

今日は汎下垂体機能低下症疑いの患者さんに

ホルモン負荷試験をやった。30分に1回採血するので、結構忙しかった。すぐ出た結果だけ見ると欠損しているものと、していないものがあるようで、いろいろ考えないといけないので、とても勉強になる。

8/15(金)

病棟

外来

ミニレクチャー

経口血糖降下薬についてのミニレクチャーを受けた。使える患者さんにとっては、DPP-4阻害薬は最強だと思った。糖尿病は治る時代が来ると言われているが、これだけ良い薬がたくさん開発されれば、糖尿病やその合併症で死ぬ人はいなくなるかもしれないと思った。

8/16(土)

病棟

外来

今日は外来に男性のBasedow病の人が来た。

女性よりも甲状腺が下の方にあるので肥大しててもよく分からないし、初診時の主訴も動悸と

いうありきたりなものなので、医師側がきちんと

思いつかないと見逃してしまうと思った。男性

でもありうることが印象に残ったので、今後鑑別

疾患にあげられるようにしたい。

8/18(月)

病棟

外来

DMで入院になった人の診察をしたが、腱反射が未だによく分からない。病気のせいで出ないのか、正常な人をたくさん経験して身に付けるしかない。

8/19(火)

病棟業務

外来

当直

今日の当直は熱中症の患者さんばかりだった。でも軽いものもあれば重症で入院したものもあったのでただの脱水と思わないできちんと血液検査とかをした方が良いと思った。

8/20(水)

病棟業務

ミニレクチャー(しびれ)

今日はしびれについてのミニレクチャーを受けた。一口にしびれと言っても本当にたくさんの原因、症状がある。診断がついてからその根拠となる他の症状を聞き出すのは簡単だが、何も分からないのに、診断に有利な情報を聞き出すにはかなりのテクニックが必要だと思った。

8/21(木)

病棟業務

神経外来

当直

今日の救急外来で熱中症のような訴えの中にめまいと嘔吐があり念のためCTを撮ったら小脳出血だった。どうせ何もないだろうと思って撮ったのでびっくりした。思い込みはよくない。

8/22(金)

病棟業務

外来

DM研究会

今日の研究会では、なぜ食後高血糖をさげなければならないのかと、いうDM治療の根本的な疑問からグリニドを使った実際の症例提示など非常に分かりやすい講演だった。学生の時に比べ今は実際に治療に携わっているので内容も割と分かるし興味をもってきけるのでとても面白かった。

8/25(月)

病棟業務

外来

今日は本田先生から自分が経験した見逃しそうになった症例、診断が遅れた症例などを教えてもらった。経験の少ない私にとっては怖くなることもあるが話しを聞いたことが一つの経験として、今後の役に立てたらいいと思う。勉強会などで先生たちの失敗談とか面白い症例とかを聞く機会があればいいと思う。

8/26(火)

病棟業務

外来

DM内科も4週目になり経口糖尿病薬の選択と用量は大体分かる様になったと思う。インスリンの調節のタイミングがイマイチなのでもう少し勉強したい。

8/27(水)

病棟業務

ミニレクチャー

今日は神経のミニレクチャーでマイナーな認知症の話だった。慢性硬膜下血腫や一酸化炭素中毒などただの認知機能障害から中々結びつかない症例ばかりだったので非常に勉強になった。

8/28(木)

病棟業務

DM教室

神経外来

DM教室では食事交換表を用いて具体的な食事療法を指導していた。自分の食事生活を振り返ってみると脂質をかなり多めになっていることに気がついた。

8/29(金)

病棟業務

外来

糖尿病の一通りの検査とその解釈は分かるようになったと思う。経口薬の名前と機序も一致するようになった。糖尿病はどの科でも必ず関わる疾患なのでこれからも勉強を続けて行きたいと思う。

8/30(土)

病棟業務

外来

今日で4週間の神経、代、内での研修終わり。

2つの科を同時に回ると患者数も増えて大変なこともあるが、日々忙しく充実した研修ができた。


 

9/1(月)

病棟業務

心エコー

今日から循環器内科。4週間の目標は

  心電図を読める様になる(特に正常所見が分かるように)

  心エコーが出来るようになる

  心不全や弁膜症などの聴診所見が分かるようになる。

  心不全の病態、管理が分かるようになる

  降圧薬、抗不整脈の機序と名称、選択法を学ぶ

  手術ができる心機能のポイントを学ぶ   など。

9/2(火)

病棟業務

心カテ

今日は初めて心カテに入った。

冠動脈の立体構造を平面化した画像が頭の中で整理できておらず、今どの血管を造影しているのか分からなくなる時が多々あった。4週間のうちに最低限の画像は読めるようになりたいと思う。

9/3(水)

病棟業務

心エコー

トレッドミル

今日は初めて心エコーをやってみた。腹部エコーと違って吸気をさせたりしなくて良いのが楽だがうまく肋間にあてて画像全体に心臓を映しだすのが難しい。

9/4(木)

病棟業務

心エコー

弁の動きや逆流、心臓の大きさの計測の仕方がなんとなく分かってきた。最初は全然分からなくて嫌になりそうだったけど、ちょっとわかってきて面白くなってきた。

9/5(金)

病棟業務

総回診

ペースメーカークリニック

今日の総回診では病棟の回診だけではなくリハ室まで行き外来リハの人の診察とかもした。慢性心不全の管理におけるリハビリの大切さとか服薬と運動の兼合いなどを学べてとてもおもしろかった。

9/6(土)

病棟

緩和ケア研修会

9/8(月)

心エコー

心カテ

今日は病棟でAMIになった人の緊張カテがあった。カテ室で2回心臓が止まったりしてかなりバタバタだった。助けなければならないCPAに出会ったことがなかったので何もできなかった。いくら、BLSやACLSの資格を取ったて実際にやってみないと身につかないし意味ないと思った。研修中にもっと経験したいけど、なかなか難しい。

9/9(火)

心カテ

冠動脈の狭窄は、実臨床の画像は側副血行路が発達していて血流があるように見えたりして、非常に分かりにくい。しかもカテをやりながら診断する余裕がない。

9/10(水)

心エコー

トレッドミル

心エコーで計測も少しずつやってみることになった。同じ心臓を見ているはずなのに、先生の計測と全然違う。もっといっぱい練習してうまくならないと全然使い物にならない。

9/11(木)

心エコー

心カテ

今日の心カテは確認造影一件だけだった。

9/12(金)

総回診

ペースメーカークリニック

リハ中の患者さんが血圧が上がってきたと言っていて、140くらいあった。良くないなと思っていたら、先生が心不全が良くなった証拠だと言っていた。そういう考えもあるのかと目からウロコだった。

9/16(火)

内科検討会

心カテ

当直

今日は救急で記憶障害の患者さんを診た。

本田先生に相談したら「一過性全健忘症」だろうとのことだった。MRIを撮っても何もなかったのに急に記憶障害が起きるなんて怖いし謎だなと思った。

9/17(水)

心エコー

トレッドミル

当直

心エコーが全然うまくならない。

そもそもうまく画像を出すことができないので計測もできないし、計測結果を見て考える余裕もない。あと2週間でできるようになる気がしない。

9/18(木)

心エコー

病棟

昨日当直で心不全っぽい人が急に苦しみだした。後から見直したら、レントゲンも血液検査も症状も明らかに心不全の前兆だった。

それを見抜けなかったこと、何も治療してあげられなかったことをすごく反省した。

夜間当直は眠いし、疲れているしで、きちんと考えなかったりすることもあるけど、それではいけないと実感した。

9/19(金)

総回診

正常の心電図は読めるようになってきた。

ただ、St変化があってもそれが有意なのかどうかがまだ判断できない。

もう少し目を養わないといけない。

9/22(月)

心エコー

少しずつ心臓の絵は出せるようになってきた。コツは何でそう見えるか?ではなく、そう見えるからそうなんだと思い込むこと、分からなくなったら一旦深呼吸をすること、だと思う。

1ヶ月前は全然できなくて嫌になりそうだったけど、ちょっとできるようになると非常におもしろい・

9/24(水)

心エコー

トレッドミル

先生によって心エコーのやり方が違って少し混乱する。Europianスタイルは肋間やあててる位置が見えるけど、手首が痛くなるし、患者さんの目が気になる。Americanスタイルは手は楽だけど、プローべがずれた時にうまくリカバーできない。自分のやり方を見つけるのにもう少し時間がかかりそう。

9/25(木)

心エコー

心カテ

冠動脈CTで狭窄がある人にPCIをした。

実際造影してみると、CTでの狭窄部位と違う所が重症だった。CTじゃわからないことも多いなと実感した。そして1ヶ所つまっている人はいっぱいつまっているなと思った。大変だった。

9/26(金)

総回診

心不全から回復した人のリハ回診をした。

普段から運動しても息切れもなく、普通に生活できるようになっていた。

先生の目標は「心不全で1度入院したら死ぬまで入院しないように管理する」らしい。

何かあったら病院に来るのではなく、何も起こらないようにすることが一番大切で、患者さんにとって最も良い治療だと思う。私もその気持ちと目標を持って診療しないといけないと思った。

9/27(土)・9/28(日)

ACLS

9/29(月)

心エコー

エコーでは動きの悪い所とかが分かるようになってきた。EFもどれくらいか予想できるようになった。あとは救急でできるようにスピードも大事だと思った。

9/30(火)

心カテ

今日は超急性期のAMIの患者さんを診た。

すごくたくさん冷や汗をかいていて、見た目から緊急度が高そうな感じだった。現場も緊張感があって循環器研修中に経験できてよかった。

 

10/1(水)

心エコー

心電図

正常から異常までたくさん心電図を見た。

最初は1から見ないと異常がわからなかったが、最近はパッと見て嫌な感じがするか何となく分かるようになった。

10/2(木)

心エコー

心カテ

スワンガンツをやるのが2回目だった。

圧較差の測り方やその所見の解釈について勉強することができた。

10/3(金)

総回診

今日で循環器内科最終日。

・心電図は正常の範囲、所見がある時の見るポイントが分かった。

・心エコーは救急で一人でもやってみようと思えるくらいになった。

・降圧薬や抗不整脈薬の使い方の概略は分かった。

・弁膜症の音の強いものは分かる。

とにかく循環器に対する拒否感や、どうせ分からないだろうという諦めみたいなものが全くなくなり、きちんと考える筋道が自分の中でできた。まだまだ足りないが、5週間に伸ばしてもらった甲斐があったと思う。

10/6(月)

回診

術前検討会

手術(ラパ胆)

今日から外科。やりたいことは、

・手術をたくさん経験する

・術前、術後管理を学ぶ

・一般的なケモのやり方、副作用への対処などを学ぶ。

とにかくたくさん手術をやりたい。ヘルンPとかラパ胆とかできるものがあれば執刀とかしてみたい。

10/7(火)

抄読会

回診

手術(S状結腸切除)

S状結腸をラパロで切除できるなんて知らなかった。見てるだけだったので、オリエンテーションがつきにくくイマイチよく分からなかった。

10/8(水)

回診

手術(MMK・イレウス)

救急で診たイレウスの人の手術を見た。

1週間位絶食でつらそうだったのに、手術は1時間足らずで終わった。もっと早くやれば良かったのでは?と思ってしまった。

10/9(木)

消化器カンファ

Ope(ラパ胆)

CPC

CPCの発表はすごく緊張したし、実際診ていない患者なのでイメージがつかず、準備もすごく時間がかかって大変だったけど、終わってみればめずらしい症例について1から知る(調べる)ことができてよかった。

10/10(金)

外来カンファ

Ope(甲状腺)

初めて甲状腺の手術を見た。

血管や筋肉が多くて何が何だか分からなかった。教科書で学んだ知識は全然役立たなかった。

10/11(土)

術前検討会

研究会(発表)

CPCの症例を呼吸器の研究会で発表した。

公の場で発表するのは初めてだったのですごく緊張したけど、専門家の前で発表するからと思って詳しく勉強できたし、よい経験になったと思う。

10/14(火)

Ope(ヘルニア)

病理解剖

死亡症例検討会

今日は外科で診ていた人の病理解剖を見学した。初診の時にたまたま救急で診た患者さんだったし、1ヶ月足らずで何が起こったのか不思議だったから見学できてよかった。

こういう症例でCPCをやるとイメージが湧いて良い発表ができるだろうなと思った。

10/16(木)

消化器検討会

Ope(上行結腸切除術)

今日の午前中は比較的時間があったので、午後の手術の勉強をしっかりしていくことができた。何をするか分かっていると見ていてよく分かるし、何が問題なのかも考えることができるので、きちんと勉強しないといけないなと思った。

10/17(金)

外来検討会

Ope(甲状腺切除術)

10/20(月)

術前検討会

乳腺外来

乳腺外来でどんなことをやっているのか一通り見学した。エコーでは、正常乳腺や筋肉と腫瘍の見分け方、腫瘍は分かってもそれが良性か悪性かは全然分からなかった。年齢によっても違うから、すごく難しいと思った。

10/21(火)

術後検討会

OpePD

初めて膵頭十二指腸切除術を見た。術前の勉強で、術式が複雑で難しそうだとは思っていたが、実際見てみると脂肪や出血で何がなんだか分からなかった。でも完成した所を見ると感動した。術後死亡率は3%くらいあるらしいので、術後経過をしっかり見ていきたい。

10/22(水)

Ope (甲状腺腫瘍)

甲状腺の手術は3回目で、解剖や術式はだいたい分かるようになった。

ただ、血管の結紮は糸を引っ張ってちぎってしまうことがあり、練習が必要だなと思った。

10/23(木)

内科検討会

Ope(乳癌)

今日は埋没縫合が前よりうまく出来たと思う。真皮が厚めで縫いやすい人だった。

10/24(金)

外来検討会

OpeS状結腸切除)

血管の破格が多い人で、解剖がよく分からなかった。事前にCTから血管の走行を確認したり、3Dの画像を作ったりする大切さがよく分かった。

10/25(土)

病棟

10/27(月)

術前検討会

ヘルニア

胃切除

ヘルニアの手術は3回目で、前立ちをした。

血管やヘルニア嚢がすごく見やすい人で、解剖がよく分かり、術式もきちんと理解することができた。

早くできるようになりたい。

10/28(火)

化学療法検討会

PK,PC,試験開腹

今日はPKで膵体部切除の予定が開腹してみたら腹膜炎が見つかり、すぐに閉腹になった。

CTでは腹水や結節は見えなかったのに、すごくたくさん播種していて、こんなこともあるのかと、非常に勉強になった。でも手術室がすごく暗い雰囲気になって、精神的にツラくなった。

10/29(水)

ラパ胆

今日は炎症から間もない人のラパ胆をみた。

ラパ胆自体は3回目だが、炎症所見の程度や期間によって全然見え方が違うんだなと思った。

10/30(木)

内科検討会

腹腔内腫瘍摘出術

腹腔にできた腫瘍摘出術をみた。

術前検査では、小腸由来なのか腹膜由来なのか判断がつかなかった。

実際手術してみると、精索由来のようだった。

病変の状態を実際に目で見えるところが外科のおもしろいところだと思った。

10/31(金)

外来病棟検討会

ヘルニア

今日は初めて腰椎麻酔をやった。

深さの見当がつかなくて、かなりおそるおそるになってしまった。貫いた感覚も何となく分かり、きちんと麻酔をかけることが出来た。外科研修中にいっぱい練習したい。

 

11/1(土)

術前検討会

11/4(火)

抄読会

S状結腸切除術

小腸バイパス術

37歳の盲腸癌骨盤内転移によるイレウスに対する小腸バイパス術を見学した。

腹膜播種も見つかり、かなり厳しい状況だと思う。本人は経済的な理由から化学療法を希望しなかったが、こういう若い人にこそ、保険とか国からの補助とか何かないのだろうかとやるせない気持ちになった。

11/5(水)

小腸腫瘍切除術

今日手術した人もまた腹膜播種だった。

術前のCTを見直しても全然分からないし、開けてみないと分からないんだと思った。

11/6(木)

消化器検討会

今日は交通外傷の腹痛の人を診察する機会があった。外傷の人を診察することはなかなかないので勉強になった。

11/7(金)

ヘルニア

今日は先生と2人でヘルニアの手術をした。

術式は何となく覚えられたが、操作部分や解剖を理解することに集中してしまい、うまく助手ができなかった。

11/8(土)

病棟

11/10(月)

術前検討会

職員インフルエンザ接種

今日はひたすらインフルエンザの問診票チェック。名前を書きすぎてゲシュタルト崩壊が起きた!

11/11(火)

Hartmann手術

今日は初めて開腹をやった。

あんなに長い皮切をするのは初めてだったので、すごく緊張した。結局腹膜に大網が癒着していて最後までできなかったけど、少し出来ることが増えて嬉しい。

11/12(水)

小腸切除術

虫垂炎穿孔、腹膜炎

今日は虫垂炎でパンペリになった人の緊急手術に入った。穿孔自体はすごく小さかったが、お腹の中はすごく汚かった。

創部は開放したまま手術を終えたので、今後どう経過するのかしっかり勉強したい。

11/13(木)

乳癌切除術

今日は乳癌の手術の前立ちをした。

消化管の手術に比べて使う器具なども少ないので、何をすれば良いか何となく分かった。

11/14(金)

小腸切除

術式とか、消化管吻合のやり方とか、だんだん分かってきた気がする。

糸結びとか、もっと色々やりたいけど、なかなか難しい。

11/15(土)

病棟回診

11/17(月)

ヘルニア

今日は巨大なヘルニアの手術を見た。

大きさは小児頭大で、陰嚢から腸管がいっぱい出てきた。途中で何の手術をしているのか分からなくなるくらいだったけど、とてもおもしろかった。

11/18(火)

膵体尾部切除術

初めての術式だった。あと経験してないのは肝切除。残り2ヵ月のうちにあるといい。

11/19(水)

学会出張(臨床外科学会)

11/20(木)

学会出張(臨床外科学会)

11/21(金)

学会出張(臨床外科学会)

11/22(土)

術前検討会

11/25(火)

ラパ胆

カメラ持ちは結構やったので大分慣れてきた。次は第一助手なので、鉗子の使い方とか見るのに必死だった。

11/26(水)

Miles手術

今日は直腸肛門切除だったので、骨盤内の操作が多く手元が全然見えなかった。

その中でうまく筋鉤を引くのは難しいし、すごく力を使ったので非常に疲れた。

11/27(木)

乳房全摘

乳癌の手術に入るのは34回目だが、全部皮切の場所や切除の仕方が違うので、マーキングが非常に重要だと思った。

 

12/1(月)  

研修内容

術前検討会

感想

今日は手術がなかったので、たくさん勉強する時間があった。たまにはこういう日があってもいいなと思った。

12/2(火)

抄読会

ヘルニア

今日は抄読会で発表した。

久しぶりに論文を読んだので準備にすごく時間がかかってしまった。疲れた。

12/3(水)

高位前方切除術

骨盤内の手術は見えないし、力が要るしで非常に疲れる。

12/4(木)

残胃全摘出

今日は残胃癌の手術を見学した。

癒着がひどくて、腫瘍がどれなのかも分からなかった。それでもきちんと血管などを固定して手術をするのは本当にすごいなと思った。

12/5(金)

学会参加

膝関節フォーラム(東京)

12/6(土)

学会参加

膝関節フォーラム(東京)

12/8(月)

ヘルニア

そろそろヘルニアの執刀したい。

12/9(火)

ラパロ下

右結腸切除術

今日は初めて腸管吻合時の助手をした。

腸管特に粘膜は非常に弱くて糸を持ってるだけでも力加減が難しかった。

12/10(水))

痔ろう根治術

ALTA×2

今日は救急でCPAの患者が運ばれてきた。

今まで何度かCPAに遭遇したことはあったが

蘇生したのは初めてだった。VFでのショックを経験できて良かった。

12/11(木)

乳腺全摘+リンパ節郭清

乳癌のリンパ節郭清を初めて見た。

大胸筋と小胸筋の間など、そんなところまで

郭清するのかと非常に驚いた。

12/12(金)

胸壁血管肉腫

乳房全摘、植皮術

今日は植皮の手術を初めて見た。皮ふがすごく薄くて縫合がかなり大変そうだった。

...を使っているところも初めて見たし、すごく勉強になった。

12/13(土)

回診

12/15(月)

鼡径ヘルニア×2

今日は初めて鼡径ヘルニアの執刀をした。

何回も見たことがあったので、術式ややり方は頭に入っているつもりだったが、いざやってみると器具の名前が出てこなかったり、どこまで剥離すべきかなどがイマイチ分からなかった。すごく難しかった。

12/16(火)

幽門側胃切除術

久しぶりに胃切除を見た。

腸管をたくさん縫合しないといけないので、大変だなと思った。第2助手はやることがほとんど無くて暇だった。もう少し仕事が欲しい。

12/17(水)

腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁瘢痕ヘルニアの手術は初めてだったが、何となく手技や過程が鼡径ヘルニアと似ていた。応用力って大事だなと思った。

12/18(木)

ヘルニア×2

ヘルニア執刀2回目。

1回目よりスムーズにできたと思う。

次やったらもっとうまくできると思うが、もうその機会がないのが残念。

12/19(金)

ラパ胆

今日のラパ胆では、直径1cm以上の結石がごろごろ出てきた。こんなのがお腹にあったら

さぞ痛いだろうなと思った。

12/20(土)

回診

12/22(月)

腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁がすごく厚い人のヘルニアだったので、かなり大変だった。

医療において、太ってて良いことはないんだなと実感した。

12/24(水)

胃全摘

多発肝meta、肺metaの胃癌の手術をした。

肝臓がすごくボコボコでmetaってこういう風になるんだと改めて知った。非常に気の毒な症例だが、よい経験になった。

12/25(木)

乳癌部分切除+リンパ節郭清

乳癌のopeには大分入ったので、解剖はほぼ覚えられたと思う。

12/26(金)

Hartmann手術

ALSの人の大腸癌の手術だった。

筋肉も薄いし、皮ふも弱くなっていたので、縫合が大変だった。

12/27(土)

回診

12/29(月)

日直

今日はすごく忙しかった。こういう時に電カルの動きが悪いのは致命的だと思う。

12/30(火)

日当直

インフルエンザとか胃腸炎の人ばっかりだったが、非常に忙しかった。

年末に看護師さん2人は絶対足りないと思う。

せめて17時までは4人くらいいても良いと思う。


 

1/2(金)

日当直

相変わらず忙しい救外だった。

非常に疲れた。

1/5(月)

年頭の挨拶

今週で外科最後。

年始で手術は少ないが、あと少しできることはやりたい。

1/6(火)

虫垂炎

甲状腺

ラパ胆

今日は臨時ope2件あって忙しかった。

虫垂炎や胆のう炎などの救急疾患をたくさん見られて良かった。

1/8(木)

乳癌

1/9(金)

ジオン×2

虫垂炎

今日で外科最終日。

手術をはじめ、解剖、輸液、栄養、疼痛管理など、たくさんのことを学ぶことができた。

特に今までは人が死ぬことに関わることが恐く、嫌な気持ちもあったが、緩和ケアに少しでも携わることによって、死ぬことは必ずしも悪いことではないと感じ、すごく興味を持った。「主治医」として患者と向き合うことの

存在の大きさを初めて知り、改めて素晴らしい職業だと思うことができた。

1/19(月)

今日から心臓血管外科。

目標:開心術後の管理法を学ぶ。

  外科の視点から心不全の管理法を学ぶ。

  CVカテをたくさん入れる。

胸腔ドレーンを入れる(気胸とか)

1/20(火)

上腕動脈塞栓症

血栓除去術(緊急OP

Varix

今日は、血栓除去術を初めて見学した。

Fogartyカテーテル法は教科書でべんきょうしたことがあったが、実際に見て手術法をしっかり学ぶことができた。術後管理もしっかりやっていきたい。

1/21(水)

Varix

IABP挿入

Varixavulsionをやった。

ズルズル血管が出てくるのはすごい気持ちがいい。失敗すると切れてしまうので中々難しい。

IABPの挿入法、仕組み、目的、適応疾患などについて学ぶことが出来た。やはり実際の症例を考えながら勉強するとしっかりと頭にはいるなと思った。

1/22(木)

CABG

AVR

今日は初めて開胸術を見学した。

学生の時にも見たことがなかったので、動いている心臓を直接見て、触ることができてすごく感動した。今日の感触は多分一生忘れないんだろうなと思った。

術後管理もしっかり学んでいきたい。

1/23(金)

気胸、ドレーン挿入

夕方、気胸の人が来てドレーンを入れた。

気胸のドレーンを入れるのは初めてだったので少し緊張したが、終わってから患者さんに「全然痛くなかった。上手だね」って言われてすごくうれしかった。

1/26(月)

眼科研修(佐藤眼科へ)

下肢動脈塞栓症(緊急OP

今日は開業医の眼科に研修に行った。

佐藤先生は院長としてすごくイキイキと仕事をされていて、良い刺激になった。

その後、緊急Opeになってハードだったが、血栓がズルズル取れて非常にスッキリするOpeだった。

1/27(火)

Varix

Varixのムンテラにも少しずつ慣れてきた。

たまにイレギュラーな質問をされると困ることもあるので、もっと勉強をして知識を深めておいた方が良いなと思った。

1/28(水)

Varix

術前検討会

病棟を回って、手術に入って、検査をチェックして、検討会の準備をして…

これをいつもこなしている先生方は、すごく大変だなと実感した。

1/29(木)

気胸、膿胸

肺部分切除術

すごい膿胸だった。少し気持ち悪かったが、それをきれいにして、今まで全然止まらなかったエアリークが術後はきちんと止まっていたので、やっぱり手術はおもしろいなと思った。

1/30(金)

金曜日は一番手術がない日。

週に一日くらいこういう日があると病棟のことに集中できるのでありがたい。

1/31(土)

呼吸器内科からの紹介と救急外来で2人気胸を診ることになった。呼吸器内科を回っていた時は待てど暮らせど来なかったのに、心外では2週間で4人目。

今後も救急外来などで診る機会も多いと思うので、たくさん勉強できてうれしい。


 

2/2(月)

Aorta-Femoral bypass

初めて腹部大動脈に関わる手術を見た。

石灰化している所としてない所ははっきりと分かった。

石灰化はどうしてとびとびにできるのだろう。全周性に出来ないのはなぜか。不思議だ。

2/3(火)

Varix×4

Varixasulsionも少し慣れてきた。

10cmくらいのが23本取れた時はすごく気持ちがよかった。

2/4(水)

Varix×3

angio

初めて上腕動脈からの穿刺をやった。

思ったより触れにくいし、思ったより深くて非常に難しかった。

2/5(木)

BATS

F-P

Varix×3

全麻1件、腰麻1件、局麻2件…

たくさん手術があって行ったり来たりしてすごく忙しいけど、いろいろ経験できてすごく楽しい。

体力的には少し疲れた…。

2/6(金)

回診

今日は一日病棟で平和な一日だった。

いつもは忙しくて急いでカルテを書いてしまうが、今日はゆっくり検査所見もきちんと考えて見たり、画像もじっくり見たりすることができた。

2/9(月)

FPBP

気胸

今日は、FPBPでも膝裏に吻合するやり方だった。患者さんそれぞれの血管の状態を把握して術式を検討するのは大変だと思った。

2/10(火)

Varix

Varixのムンテラはいっぱいあって大変だけど、少し話すのに慣れてきた気がする。

2/12(木)

GSVグラフトFPBP

FPBP

GSVのグラフトを採取するところを初めて見学した。すごく長い血管が取れて気持ちよかった。

2/13(金)

Vascular labo勉強会

膿胸

今日は膿胸のOpeだった。

真っ白でどこが肺だか全然分からなかった。

まだ若いのに肺炎になっただけでこんなになってしまうなんてこわいなと思った。

2/14(土)

済生会学会(福岡)

2/15(日)

済生会学会(福岡)

2/16(月)

済生会学会(福岡)

2/17(火)

Varix

学会帰りで当直だったので、非常に疲れた。

2/18(水)

Varix

CV挿入

鎖骨下から2回目のCV挿入。

1人でうまく入れることができた。

ただ本穿刺で当たった後に安心してしまい次の手順がすっかり飛んでしまったので、最後まで集中してやらなければと思った。

2/19(木)

Blt Ao-CFA bypass

人工血管を5ヵ所もつながなければならなくて、大変な手術だったと思う。

でも術後は足もあたたかくなって、効果がすぐに分かるのでやりがいのある手術だなと思った。

2/20(金)

VL勉強会

PAD患者について、診断から治療の流れ、看護師、検査技師、医師のいろいろな立場から症例を検討することができる。

1日1例じゃもったいないと思う。

2/23(月)

Varix×2

amputation

初めて大腿のamputationを見た。

大量の血が出るし、足持ちは大変だし、非常に疲れた。精神的にも…。

2/24(火)

Varix×4

ムンテラ

今日でVarixのムンテラ終了。

30人近くやった気がする。

患者さんに対する説明をする時、あまり緊張しなくなった気がする。

すごく大変だったけど、すごく役にたった。

2/25(水)

SG

IABP

CV挿入

Varix

今日はやることが多くて忙しかった。

SGは今まで見たことがなかったので、経験できて良かった。心外も色々なことをやってるなーと思った。

2/26(木)

CABG2枝

6週間で開心術2回目。

やっぱり手術でも手技にしても1回と2回経験するのでは全然違うと思う。心外ならではの緊張感にすごくワクワクした。術後管理ももっと見たかったな。

2/27(金)

抄読会

CV

最後に鎖骨下からのCVを1人で入れられて良かった。6週間今までになく大変だったけど、その分学ぶことも多かった。手技だけでなく、心不全や呼吸器疾患の治療もしっかり学んだ。

本当に充実した6週間だった。