HOME > 病院ニュース > 多剤耐性菌の院内感染に対する当院の備えについて

病院ニュース

多剤耐性菌の院内感染に対する当院の備えについて


今回、多剤耐性アシネトバクターによる院内感染が社会問題となっています。当院の院内感染対策は、医療行為を行う際におこりうる患者・職員への感染の伝播リスクを最小化するとの視点に立ち、標準予防策の観点に基づいた医療行為を実践し、あわせて感染経路別予防策を実施しています。すなわち職員1人ひとりが院内感染対策の推進に真摯に取り組み、病院全体として包括的に院内感染対策に取り組んでいます。
 院内感染における感染対策は感染および感染症患者の実態や動向を正確に把握することが重要です。多剤耐性菌(アシネトバクターも含みます)が確認された場合は、直ちに感染担当責任者に連絡を行い適切な対応を行います。
 今後も耐性菌に対するサーベイランス(監視)を継続し、院内感染の早期発見と早期対応を的確に行っていきます。

・速乾性擦式アルコール剤の携帯化


・個人防護具の使用例


LinkIcon健康コラム インデックス