HOME > 病院ニュース > 宮城県気仙沼地区におけるリハビリテーション支援活動

病院ニュース

宮城県気仙沼地区におけるリハビリテーション支援活動


宮城県気仙沼市災害対策本部医療救護班統括リーダーの成田徳雄医師の依頼を受け、リハビリテーション関連10団体との連携の元、山形大学医学部附属病院と済生会山形済生病院、みゆき会病院の3病院がチームを作り、気仙沼地区災害避難所へのリハビリテーション支援活動を行っています。
派遣期間は平成23年5月12日〜15日、5月19日〜22日、26日〜29日の3泊4日で3週連続となっています。
 避難生活の長期化に伴う生活不活発病の調査や予防、それらに関連した日常生活動作指導などを行っています。 

気仙沼中心街の様子

夕方の災害対策本部会議の様子

大島体育館

大島小学校体育館


LinkIcon健康コラム インデックス