病院ニュース

「緩和ケアチーム」について


緩和ケアってなに?

緩和ケアは、痛みや吐気などの「体のつらさ」、不安や落ち込みなど「気持ちのつらさ」、療養場所や経済的な問題など「生活上のつらさ」を抱えた患者さんとご家族を、総合的に支えていく医療のことを言います。
緩和ケアは病気やケガの治療と並行していつでも受けることができます。

緩和ケアのご案内


病気やケガの治療中には様々な苦痛が生じることがあります。
近年、これらの苦痛を「やわらげる医療」が治療と並行して提供されるようになってきています。当院でも「緩和ケアチーム」が主治医や病棟スタッフと連携して患者さんやそのご家族の苦痛を緩和し、治療や療養のサポートを行っております。

お困りではありませんか?


緩和ケアチームでは、主に患者さんやご家族の以下のような相談に対応しております。
□ 痛みがつらい □ 不安やイライラが強い
□ 息苦しい   □ 気分が落ち込んで何もする気にならない
□ 吐気が辛い  □ 麻薬の痛み止めは本当に飲んでも大丈夫?
□ 夜眠れない  □ 退院して自宅で療養する準備をしたいがどうしたらいい? 


緩和ケアチームがお手伝いします。


緩和ケアチームでは、専門の医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士がチームとなって、痛みへの専門的な対処や、気持ちのつらさを和らげる治療やケアをおこないます。入院中チームスタッフが病室へ訪問することもあります。主治医や看護師等現在関わっているスタッフとの関係が変わることはありません。今取り組んでいる治療がより上手くいくようにお手伝いしていく医療チームです。

緩和ケアを受けるには


当院に入院している患者さんとそのご家族であれば、緩和ケアチームに相談することができます。はじめは主治医の先生からの依頼が必要となります。治療や療養生活に関する「つらさ」がある方、緩和ケアについて話を聞いてみたい方は主治医や看護師にお申し出ください。依頼を受けた緩和ケアチームのスタッフがお伺いします。

山形済生病院 緩和ケアチーム


LinkIcon健康コラム インデックス