病院ニュース

不妊治療最前線 IVF とは


当院では最先端の不妊治療を行っています

 地域の患者さんの要望に応え、当院では平成14年1月より体外受精、胚移植を開始し、翌年2月には無事第一号児の分娩がありました。また、翌平成15年顕微受精の認定をうけ、同年末には妊娠、出産となりました。さらに当院では、泌尿器科とも連携し山形県内では数年妊娠例のない男性不妊における精巣精子を用いた顕微授精を行い、16例の妊娠例を経験しています(平成27年12月31日現在)
IVFコーディネーター(常勤3名)、培養士とともに、患者さんの状況にあった治療法を考えつつ、精神的なフォローアップにも力を入れております。 一人でも多くの患者さんに満足のいく治療をと日々努力しております。

1.タイミング指導と不妊治療検査を行い不妊原因を探ります。
2.子宮内膜症、クラミジア感染症、子宮筋腫など
  必要であれば内視鏡手術により自然妊娠できるようにします。
3.排卵誘発、人工授精、体外受精へとステップアップしていきます
4.高度な治療として体外受精、顕微授精、凍結胚移植など
  患者さんのニーズに合わせた治療にあたります。




体外受精の内容を十分理解していただき、悩みや相談にも対応出来るように
体外受精コーディネーター・胚培養士も常勤し、心身共にサポートさせていただきます。

不妊相談外来


毎週月曜日(14:30~16:00):金杉 浩/木原香織/山内敬子
毎週木曜日(14:30~16:00):金杉 浩/木原香織/山内敬子

  完全予約制となっておりますので、お電話にてご連絡下さい。
                023-682-1111 産婦人科外来

体外受精

¥200,000

顕微授精

¥250,000〜280,000

※ただし一泊入院は、+¥ 30,000

胚移植料

¥ 25,000

胚凍結料

¥ 30,000〜110,000(個数によります)

胚凍結融解料+培養料

¥ 35,000/回

凍結胚保管料

¥20,000/年

精子凍結料

¥10,000/回

精子凍結保管料

¥20,000/年

※治療に関する、採血などの検査・内服薬・注射・外用薬・膣座剤などは、別途自費になります。
※別途消費税がかかります。


LinkIcon健康コラム インデックス